So-net無料ブログ作成

キツネとツル(イソップ物語より) [嫌なことをされたとき]

キツネが同じ村に住むツルを食事に誘いました。

キツネはいたずらが大好きです。
ツルを困らせてやろうと思いつきました。

食事に来たツルに、平らなお皿にスープをよそりテーブルに置きました。

「さぁ、さぁ、ツルさん、たーんとお食べ」

キツネは満面な笑みを浮かべてそう言いました。

ツルは「うん……」と返事をしましたが、目の前に出されたお皿を眺めて、

(どうしたらいいだろう……)

と悩みました。

ツルのくちばしでは、平らなお皿によそられたスープを飲むのが難しいからです。

キツネは悩んでいるツルを見ながら上機嫌で舌を使ってスープを飲みました。

ツルには分かっていました。
いたずら好きなキツネが、自分をからかって楽しいんでいることを。

だから逆に、上手く飲んで驚かせよう、と思いました。

そして、考えたすえ、ツルは行動に出ました。

ツルはテーブルの高さまで首を下げました。
そしてスープが入っているお皿を“ジーっと”凝視しました。

キツネはツルの行動が気になって、スープを飲むのを止めて見ていました。

ツルはお皿を凝視したまま、くちばしをお皿と水平になる位置につけました。

くちばしを少し開き、まっすぐ皿の方へ進め、スープの中に入れていきました。

そしてくちばしを少し持ち上げると、くちばしの下にスープが溜まりました。

それを見て、キツネはごくりと唾を飲み込みました。

ツルの動きが止まりました。

このままゆっくりと首を上に向けてスープを流し込もうか、
一気に上に向けてスープを流し込もうか。

どちらにするか考えていたのです。

やがて、ツルは一気に首を上に向けました。

すると、スープが一気に口に入って来てしまい、
苦しくなって吐き出してしまいました。

それを見て、キツネを大笑いです。

ツルはあきらめずに、二回目の挑戦!

今度は、ゆっくり首を上に向けました。
スープはゆっくり口の中に入ってくるのですが、くちばしの横から、
じょぼじょぼと、こぼれてしまい、少ししか飲めませんでした。

キツネはそれを見て、また大笑いをしています。

ツルはその後、何度も繰り返し、最後の方では結構、
上手にスープを飲むことができるようになりました。

キツネは食事が終わるころには、笑うのもやめて、
静かにスープを飲んでいました。


「ごちそうさまでした」

食事が終わり、帰りがけにツルは言いました。

「今日は、おいしい食事をありがとう、今度は私のうちへ遊びに来てくださいな」

キツネはイヤな予感がしましたが「よろこんで!」
と笑顔で答えました。


数日後……。

今度は、ツルの家にキツネが食事にやって来ました。

ツルはこの前の仕返しをしてやろうと考えました。

そして、細長い首の瓶の中にたくさんの豆が入ったものをキツネの前に出しました。

「どうぞ召し上がれ」

召し上がれ、と言われても、キツネはどうすることもできませんでした。
どうしたって、この細長い首の瓶に、口が入る訳がありません。

ツルは、われ関さず、とばかりに、器用にくちばしを使い
豆をポリポリと食べていました。

キツネはツルの仕返しだということに気付きました。
なので、この前、ツルがしたように自分もこれをなんとか食べてやろう、
と思いました。

キツネは細い瓶の口を真上から、ガブリ、っと噛みつきました。

器用に豆を食べていたツルは、いきなりのキツネの行動を、目を丸くして見つめました。

キツネは瓶の口を真上から噛みついたまま、しばらく動きませんでしたが、
ゆっくり首を天井が見えるくらい真上になるまで上げ、
瓶をくわえたまま逆さ向きにしました。

とたんに、たくさんの豆が一気に口の中に入って来て、むせ返してしまいました。

ツルは目を丸くして見ています。

キツネはあきらめずに二回目の挑戦!

今度は、素早く首を上にあげました。

すると、豆は塊になり細い瓶の中で詰まってしまい、
中々、口の中に入って来ません。

それでもキツネは何回か繰り返すうちにコツを掴み、
豆が無くなるころには、自分の欲しい分量を食べられるようになりました。


「ごちそうさまでした」

キツネとツルは食事を終えました。

二人の間に少しの沈黙が生まれました。

それを破るかのように、

『あのっ、』

と、同時に声を出しました。

お互い気まずそうに顔を下げてから、ツルが大きな羽をキツネに向けて
先に話していいよ、という仕草をしました。

それを見てキツネは言いました。

「あのね、もう一度、今度は、食べやすい器で、お互い、食べやすい器でね
 もう一回、お食事しない?」

それを聞いてツルは目を丸くしながら、

「私も同じことを言おうとしてました」

キツネはキョトンとした表情でそれを聞きました。

そして二人は同時に笑いました。


数日後、二人はキツネの家で食事をしました。

キツネは皿の上に料理を乗せ、ツルは細長い口の瓶に料理を入れ、
二人とも楽しく食事をしました。




ものがたりはここまで[わーい(嬉しい顔)]




所感です。

意地悪する人、って、多いですよね。
あなたは意地悪されたらどうします?

私は、その内容にもよりますが、たいがい、シュン、と落ち込んでしまいます。

でも、シュンとなる前に、考えた方がいいんですよね。

意地悪された、と思っているのは、自分がかってにそう思っている、
という可能性もあるからです。

本当に相手が意地悪してやろうと思っていたのか、
それとも意地悪していることに気付いていないだけなのか、
或は、善意を持ってくれての行動なのか、

相手に確認してみないと分かりません。

意地悪されたと思ったことが、勘違いだったとしたら、
ブチギレたり、仕返ししたりしてからでは、取り返しがつかなくなるかもしれません。

怒ったり、嫌ったりするのは、確認したあとでゆっくりとすればいい。

私のように、シュン、となって殻に閉じこもるのもひとつの手かも知れませんが、
自分から行動してみると、案外、状況って変わるのかもしれません。


あ、ちなみに元の話はコチラからどうぞ

福娘童話集
http://hukumusume.com/douwa/pc/aesop/01/31.htm


ラストシーンに感化されて、今回のお話を書いてみました。

やっぱり、皆で楽しく食べるのが一番ですね。


私は、個食派ですがね[どんっ(衝撃)][あせあせ(飛び散る汗)]


2017-06-25 00:12  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。