So-net無料ブログ作成
検索選択

ライオンとヒツジ飼い(イソップ物語より) [人を信じられないとき]

とある国に心優しい羊飼いがいました。

良く働き、親も大切にし、近所の人とも気さくに話すとても気立てのいい青年でした。

しかし、そんな羊飼いを良く思わない人の仕業で、
全く身に覚えのない罪にを被せられ、罪人として捕まってしまいました。

そして裁判の結果、死刑の判決を受けました。
この国の死刑は、密室で、身動きがとれない状態でいるところに、
空腹のライオンを放つという野蛮なものでした。

羊飼いは無罪を訴えますが、裁判官は聞き入れてはくれません。
羊飼いの両親や友だち、何人もの知人も、

彼はイイやつだから、どうか助けてやってくれ! 

と訴えますが、それでも受け入れられず、刑は執行されることになりました。

体を縛られ密室に閉じ込められた羊飼いは、なおも無罪を訴えました。
壁の向う側にいる裁判官は、全く聞き耳を持たず、近くの役人に目配りをして、
ライオンの入れてある檻の扉を開けさせました。

両親や友人たちも見守る前で、

“ガッタン”

と檻の扉は開きました。

少しの間が空いたあと、檻の中からライオンが、のっそ、のっそと出てきました。
ライオンはこの刑の為に、狭い檻の中で水だけしか与えられず、
三日間過ごしていました。
機嫌が悪く、目は獲物を逃さないとばかりに血走っています。

“ガルルルルル~”

とうなり声を上げていました。

羊飼いは、殺される! と思いギュッと目を閉じました。

“ガルルルルル~”

うなり声と共に、荒い息遣いも聞えてきます。

羊飼いは、死の恐怖におののきました。

鼓動も呼吸も早くなり、頭が恐怖で爆発しそうになりました。

───そんな時、

羊飼いは、なぜか遠い記憶を思い出しました。



それは、とても懐かしい、

            何年も前の記憶です───



羊飼いはその日、不思議な体験をしました。

「さぁ~て、今日の放牧も終わったし、一休みするか!」

と、仕事の疲れを癒すように、のんびりと背伸びをしたときでした。

“ワンワンワン”

羊飼いが飼っている牧羊犬が激しく吠えました。

羊を追い込むとき以外、大人しい犬が必死に吠えているので、
羊飼いは驚きました。

「どうしたんだい」

羊飼いは犬に近づき、地面に膝をつき、頭を撫でてやりました。
その時、犬が小刻みに震えているのが分かりました。

「どうした、何をそんなに怖がっているんだい」

犬は羊飼いの後ろの方を気にしているようで、
羊飼いの顔と、後ろを交互に落ち着きなく見て、何かを訴えているようでした。

羊飼いは気になって、自分の後ろを眺めました。

少し行ったところに白い柵があり、その向う側には草原が広がっていました。
草原の奥の方に、何やら、動くものが目に入りました。

「なんだ、あれは?」

羊飼いは、大丈夫だ、と犬の頭を撫でてから、柵の方へ歩いて行きました。

遠くに見えた動くものは、茶色い動物のようでいた。
しかもかなり大型です。

「ライオンか?」

羊飼いの鼓動は少し早くなりました。
咄嗟に、腰に差しているナイフに手を当てました。

近くにライオンがいることは知っていました。
ライオンは滅多なことが無い限り人間の側には近寄って来ません。

羊の放牧の時は安全と言われている方向に進み、
念のためにライフル銃を持って出かけていました。
しかし、一度もライオンに会ったことはありませんでした。

羊飼いにとってもライオンを見るのは初めての経験だったのです。

ライオンは草原を歩きながら羊飼いの方へやって来ます。
しかし、なにかヨロヨロとした足取りで、猛獣の雰囲気が全く感じられませんでした。

何か変だなぁ、と、羊飼いは胸のざわめきを感じながら見つめていました。

ライオンがヨロヨロとした足取りで柵の側まで来ました。

羊飼いは柵ごしにライオンの顔を見ました。

ライオンの目はとても澄んでいて、ときどき頭を下げ、
何かを困っているような仕草をしていました。

“ワンワンワン”

ライオンを見た犬が吠えました。
羊飼いは犬の方を向き、“シーッ”と人差し指を立てて大人しくさせました。
そして柵を越えライオンの近くに行きました。

少し、ドキドキしましたが、近づいて行ってもライオンはとても大人しくしていました。
羊飼いは、そっと手を伸ばし、羊の体を調べるときのようにライオンに触れました。
体をさわられてもライオンは大人しくしています。

羊飼いは足を調べてみました。
すると、前足に大きなトゲが刺さっているのを見つけました。

「これじゃ、痛くてヨロヨロとしか歩けないな」

と、羊飼いは言いながら、ライオンの足を自分の膝に乗せ、
腰に差していたナイフを手に取り、大きなトゲを取ってあげました。

「痛かったろう……、さっ、これでもう大丈夫だ」

羊飼いは優しくライオンの足を戻してやりました。

ライオンは前足を何度か足踏みしました。

そして羊飼いを見つめました。

その目はとても澄んでいて、感謝しているように羊飼いは感じました。

ライオンはサッ、と向きを変えると、草原の方へ走り去って行きました───。



───遠い昔の経験を思い出していた羊飼いは、
恐怖がだんだん小さくなって行くのを感じました。

ギュッと、固く閉じていた目をゆっくりと開け、
目の前にいるライオンを見つめました。

“ガルルルルル~”

お腹を空かせて、目は血走り荒々しくうなり声を上げています。
羊飼いは、このライオンに食べられるのだな、と思いながらも、
なぜか落ち着いた気分で見つめました。

そして、うなり声を上げているライオンに語り掛けました。

「お腹が空いているのだろう……、さぁ、お食べ……」

語りかけたその声は、とても優しく透きとおった声でした。

すると、うなり声を上げていたライオンの態度が変化していきました。

うなり声は納まり、血走っていた目も段々穏やかになっていくようでした。

やがて、ライオンは落ち着いた足取りで羊飼いに近づいてきました。

すぐ側まで来ると、澄んだ目で羊飼いを見つめました。

その時、羊飼いにも分かりました。

「やぁ、元気だったかい」

そう語り掛け、ライオンに微笑みました。

“グルグル、グルグル”
ライオンは喉を鳴らしながら、羊飼いの足に頭をスリスリとなすりつけました。

「おい、おい、くすぐったいよ」

羊飼いは笑いました。

ライオンは何度も何度も足に頭をスリスリとなすりつけたあと、
羊飼いに寄り添い、大人しく座り込んでしまいました。

予想外の展開に裁判官はあっけに取られていました。

羊飼いの両親や友人が口々に、裁判官に言いました。

「ほら、猛獣だって、彼がイイやつなことは分かっている!」
「お願い、許してあげて!」

裁判官はその声を聴いて、静かに目を瞑り、少し間を置い言いました。

「刑は執行された」

裁判官は役人に目配りをし、その場を去っていきました。

二人の役人が、寝そべっているライオンにビクビクしながら、
羊飼いを縛っている紐を解いてやりました。

羊飼いは自由になった両手で、ライオンを抱きしめて、

「ありがとう、ありがとう」

と泣きながら言いました。

ライオンも、羊飼いの頬に、何度も何度も頭をスリスリなすりつけました。

“グルグル~、グルグル~”

密室を出た羊飼いは、両親や友人の元へ帰り、
ライオンは草原の方へ、走って帰って行きました。




ものがたりはここまで[わーい(嬉しい顔)]




ここからは所感です


2017-06-29 23:23  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

キツネとツル(イソップ物語より) [嫌なことをされたとき]

キツネが同じ村に住むツルを食事に誘いました。

キツネはいたずらが大好きです。
ツルを困らせてやろうと思いつきました。

食事に来たツルに、平らなお皿にスープをよそりテーブルに置きました。

「さぁ、さぁ、ツルさん、たーんとお食べ」

キツネは満面な笑みを浮かべてそう言いました。

ツルは「うん……」と返事をしましたが、目の前に出されたお皿を眺めて、

(どうしたらいいだろう……)

と悩みました。

ツルのくちばしでは、平らなお皿によそられたスープを飲むのが難しいからです。

キツネは悩んでいるツルを見ながら上機嫌で舌を使ってスープを飲みました。

ツルには分かっていました。
いたずら好きなキツネが、自分をからかって楽しいんでいることを。

だから逆に、上手く飲んで驚かせよう、と思いました。

そして、考えたすえ、ツルは行動に出ました。

ツルはテーブルの高さまで首を下げました。
そしてスープが入っているお皿を“ジーっと”凝視しました。

キツネはツルの行動が気になって、スープを飲むのを止めて見ていました。

ツルはお皿を凝視したまま、くちばしをお皿と水平になる位置につけました。

くちばしを少し開き、まっすぐ皿の方へ進め、スープの中に入れていきました。

そしてくちばしを少し持ち上げると、くちばしの下にスープが溜まりました。

それを見て、キツネはごくりと唾を飲み込みました。

ツルの動きが止まりました。

このままゆっくりと首を上に向けてスープを流し込もうか、
一気に上に向けてスープを流し込もうか。

どちらにするか考えていたのです。

やがて、ツルは一気に首を上に向けました。

すると、スープが一気に口に入って来てしまい、
苦しくなって吐き出してしまいました。

それを見て、キツネを大笑いです。

ツルはあきらめずに、二回目の挑戦!

今度は、ゆっくり首を上に向けました。
スープはゆっくり口の中に入ってくるのですが、くちばしの横から、
じょぼじょぼと、こぼれてしまい、少ししか飲めませんでした。

キツネはそれを見て、また大笑いをしています。

ツルはその後、何度も繰り返し、最後の方では結構、
上手にスープを飲むことができるようになりました。

キツネは食事が終わるころには、笑うのもやめて、
静かにスープを飲んでいました。


「ごちそうさまでした」

食事が終わり、帰りがけにツルは言いました。

「今日は、おいしい食事をありがとう、今度は私のうちへ遊びに来てくださいな」

キツネはイヤな予感がしましたが「よろこんで!」
と笑顔で答えました。


数日後……。

今度は、ツルの家にキツネが食事にやって来ました。

ツルはこの前の仕返しをしてやろうと考えました。

そして、細長い首の瓶の中にたくさんの豆が入ったものをキツネの前に出しました。

「どうぞ召し上がれ」

召し上がれ、と言われても、キツネはどうすることもできませんでした。
どうしたって、この細長い首の瓶に、口が入る訳がありません。

ツルは、われ関さず、とばかりに、器用にくちばしを使い
豆をポリポリと食べていました。

キツネはツルの仕返しだということに気付きました。
なので、この前、ツルがしたように自分もこれをなんとか食べてやろう、
と思いました。

キツネは細い瓶の口を真上から、ガブリ、っと噛みつきました。

器用に豆を食べていたツルは、いきなりのキツネの行動を、目を丸くして見つめました。

キツネは瓶の口を真上から噛みついたまま、しばらく動きませんでしたが、
ゆっくり首を天井が見えるくらい真上になるまで上げ、
瓶をくわえたまま逆さ向きにしました。

とたんに、たくさんの豆が一気に口の中に入って来て、むせ返してしまいました。

ツルは目を丸くして見ています。

キツネはあきらめずに二回目の挑戦!

今度は、素早く首を上にあげました。

すると、豆は塊になり細い瓶の中で詰まってしまい、
中々、口の中に入って来ません。

それでもキツネは何回か繰り返すうちにコツを掴み、
豆が無くなるころには、自分の欲しい分量を食べられるようになりました。


「ごちそうさまでした」

キツネとツルは食事を終えました。

二人の間に少しの沈黙が生まれました。

それを破るかのように、

『あのっ、』

と、同時に声を出しました。

お互い気まずそうに顔を下げてから、ツルが大きな羽をキツネに向けて
先に話していいよ、という仕草をしました。

それを見てキツネは言いました。

「あのね、もう一度、今度は、食べやすい器で、お互い、食べやすい器でね
 もう一回、お食事しない?」

それを聞いてツルは目を丸くしながら、

「私も同じことを言おうとしてました」

キツネはキョトンとした表情でそれを聞きました。

そして二人は同時に笑いました。


数日後、二人はキツネの家で食事をしました。

キツネは皿の上に料理を乗せ、ツルは細長い口の瓶に料理を入れ、
二人とも楽しく食事をしました。




ものがたりはここまで[わーい(嬉しい顔)]




ここからは所感です


2017-06-25 00:12  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

泉のほとりのシカとライオン(イソップ物語より) [自己嫌悪になったとき]

立派な角を持ったシカが、静観な趣で水飲み場までやって来ました。

シカは足をピンと伸ばし、ゆっくりと水面に口を寄せて行き、優雅に水を飲みました。
水を飲み終えて、静かに顔を上げると、水面に自分の姿が映っていました。

シカは自分の姿を眺め惚れ惚れとしました。

(どーだい、この立派な角、いつ見てもキレイだ)

水面に映った、頭の上にある角がシカにとって自慢でした。

(こんなにも枝分かれしてる角を、自分以外、見たことがない)

シカは自分の角を見て笑みを浮かべました。

しかし、視線を下げていき、シカは徐々にガッカリした気持ちになりました。

(それに比べて……)

シカは水面に映る自分の足を見つめました。

(この、細長い“ひょろ”と頼りない足はなんなんだ)

立派な角には似つかわしくない足を見るたび、シカはガッカリするのでした。

シカはしばらく、自分の立派な角を眺めては惚れ惚れとし、
足を見てはガッカリとしながら水面に映る自分を眺めていました。

“ガサガサ”

後ろの繁みから微かな音が聞こえてきました。

ハッ、と我に返ったシカは視線を水面から繁みへ移しました。

凝視するまでもなく、そこには何かいました。

しかも、何頭かいます。

群れをなして狩りをする動物、ライオンです!

シカは自分の姿に見とれてしまいライオンに気付かず、
周りを囲まれてしまっていたのです。

(マズイ!)

そう思うと同時に、シカは走り出しました。

すると繁みの陰から一頭のライオンが飛びかかって来ました。

シカは軽やかにジャンプして、間一髪でライオンを飛び越しました。

シカは一目散に草原の方へ逃げました。
後ろからは、飛び越えたライオンの他にも何頭かが追いかけてきます。

(追いつかれたら食べられる)

シカは持てる力を振り絞って走りました。

今度は違う方向から、一頭のライオンがシカに襲い掛かってきます。

シカはすぐさま向きを変え、走りました。

シカが急に向きを変えたので、ライオンたちは、
足を滑らせたり、大回りしたり、ぶつかったり大慌てです。

そんなことなどお構いなしにシカは逃げました。

体制を整えたライオンたちも懸命に追いかけてきます。

しばらく草原を走っていたシカでしたが、やがて森の中へ迷い込んでしまいました。

森の中では、草や木の根っこに足を取られ走り辛くなってしまいました。

追いつかれてしまう、
と、シカは思いましたが、走り辛いのはライオンたちも同じのようで、
シカとの距離は縮むことはありませんでした。

シカはホッとしながら、森の中をなんとか走り続けました。

しかし、だんだん森が深くなってくると

(イテテテテ……)

木々の枝に頭の上に生えている立派な角が引っかかるようになり、
その度に足を止めるはめになってしまったのです。

そうこうしている内に、ライオンとの距離はどんどん近くなって来ます。

“ガリッ”

角が枝に引っかかる度にシカは思いました。

(このままではライオンに追いつかれてしまう、
 この頼りないように見えた足は追いつかれない速さで走ることが出来るのに、
 この自慢の角が邪魔になって走れないなんて……)

気付けばライオンはすぐ側まで来ています。

もう逃げるのは無理、捕まる、シカは死を意識しました。

ライオンたちがどんどん迫ってきます。

シカは、何かいい方法はないか考えました。

ゆっくり考えている時間はありません。

シカは周りを見渡すと、森の中でも、
木々の少ない場所にいることに気づきました。

(ここなら角にあたる邪魔な木々が無い)

シカに、ちょっとしたアイデアが浮かびました。

(やってみるか!)

と、ダメで元々で行動しました。

踵を返し、一頭のライオンめがけて突進したのです。

頼りないと思っていた足に力を込めて、自慢の角を向けて、
ライオンめがけて一直線に走り、体当たりをしました!

“グガァ!!!”

自慢の角に突かれたライオンは、悲鳴にも似た叫び声を上げました。

シカはすぐに体制を整えると、すぐさま別のライオンめがけて突進しました。

頼りないように見えていた足はシカの意志にしっかりと応え、
凄まじい速さでライオンに向かっていきます。

そして、自慢の角はライオンの体に鋭くぶち当たります。

“グガガガガァァァァァ!!!”

角を喰らったライオンは倒れ込んでしまいました。

二頭のライオンがあっという間に倒されたのを目の当たりにして、
他のライオンたちはひるみました。

その一瞬のスキを逃さず、シカは草原の方へ一目散に走って行きました。


草原に出ると自慢の足は速度を上げ、一気に駆け抜けました。
自慢の角には風が当たり、ヒューヒューを音を立てていました。

どうやらライオンたちはもう追って来ないようです。

シカは思いました。

(自分は、なんてステキな角と、ステキな足を持っているんだろう)と。

シカは、自慢の足で、しばらく草原を駆け巡りました。


ものがたりはここまで[わーい(嬉しい顔)]





ここからは所感です


2017-06-21 23:45  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

塩を運ぶロバ(イソップ物語より) [疲れたとき]

あるところに、重たい荷物を背中に載せて歩いているロバがいました

「重たいなぁ~…… 

 暑いななぁ~……」

ロバは、荷物の重さと、暑さでフラフラです

「ガンバレ、ガンバレ、もうちょっとだ!」

そう言う、飼い主さんの声も、ボンヤリとしか聞こえないほどロバは疲れていました



やがて飼い主さんとロバは、川にかかる橋までやって来ました

フラフラなロバは、川を眺めて、一瞬気が遠くなりました

「危ない!」

飼い主さんの叫び声を遠くに聞きながら、ロバは足を踏み外し、真っ逆さまに川へ落ちてしまいました

”バシャーン!!!”

激しく水しぶきが上がりました

(冷たい!)

全身が川につかってロバは大慌てで、川の中でもがきました

すると、川底に足がぶつかりました

ラッキーなことに、だいぶ浅い川だったのですぐに立ち上がることができました

(あ~、びっくりした)

と驚いているロバのところに飼い主さんが、バシャバシャと水しぶきを上げながら走り寄って来ました

「大丈夫か!」

飼い主さんは心配そうな表情でロバの体をさすり、ケガが無いか確かめました

「うん、ケガは無いな」

と、安心した声を出した飼い主さんは

「でも、積み荷が……」

と、ガッカリした声を出しました


その横でロバは思いました

(水にぬれて、すごく涼しい、しかも、なんだか背中が軽いゾ)

実はロバが積んでいたのは塩がたっぷり入った袋で、川に落ちた拍子に、溶けてなくなってしまったのです

この経験でロバこう思いました

(重くて暑い時は、川に入ればイイんだ、涼しくて、軽くなるぞ)



次の日、飼い主はロバに軽い荷物を持たせました

昨日は荷物が重すぎて川に落ちてしまったのかもしれない、と思ったからです

ロバは足取り軽く、荷物を背負って歩きました

そして、昨日も通った橋に差し掛かりました

ロバは思いました

(今日は荷物が軽いケド、昨日のように川に落ちたら、きっと、もっと軽くなるゾ)

そして、ロバは橋の上で、わざとよろけて川の中へ飛び込みました

”バシャーン!!!”

昨日と同じように激しく水しぶきが上がりました

水の中はひんやりしていて気持ちよく、そして昨日と同じように、荷物が軽くなるはずでした

しかし、今日は軽くなりません

(おかしいなぁ、ぜんぜん軽くならないゾ)

軽くなるどころか、どんどん重くなって行くような感じがします

ロバは足をバタつかせました

川底に足がついたので立ち上がろうとしました

でも、背中の荷物が重くて立ち上がれません

ロバは何が起こっているのか分かりません

ただただ、足をバタつかせてもがくばかりです

しかし、もがいてももがいても、どんどん、川の奥へ引きづり込まれていきます

(くっ、苦し……)

ロバは足をバタつかせましたが、背中の荷物が重くてどうにもなりませんでした

いっぱい足をバタつかせ、苦しくて口を開けると沢山の水が入って来て

さらに苦しくなってしまいました

苦しくて苦しくて、だんだんロバは意識が薄れて行くのを感じました

薄れる意識の先に

「今、助けるぞー!」

という飼い主の声が聞こえました



そしてロバは目覚めると、川の土手に寝そべっていました

「よかった、意識が戻った」

飼い主の心配そうな顔と、何人かの男の人の顔が見えました

溺れるロバを飼い主と数人の男の人が土手まで引き上げてくれたのです

飼い主はロバに言いました

「今日は荷物が軽いようにと、綿を背中に乗せたから、川の水を吸ってどんどん重くなったんだなぁ」

そして飼い主は暗い表情で続けました

「それにしても、川に二度も落ちるなんて、困ったロバだ」



ロバは助かりました

しかし、二度も橋から落ちて荷物をダメにしてしまったということで、売られることになりました

ロバは優しいご主人と別れるのだと気づくと、とても辛く、悲しくなりました


(こんな事になるなら、もっとまじめに、優しいご主人のために働ければよかった)


遠くなるご主人を涙で浮かべた目で眺めながら、ロバは思いました



優しいご主人はロバのためにと、慎重に売り先を選んでくれました
そして見つけたのが重たい荷物を運ぶのではなく、子どもを乗せて楽しませる仕事ができる所です

しかも、小さな子どもを1人だけ乗せる仕事です

ロバは優しかったご主人のことを思い出しながら、毎日まじめに仕事をしました、とさ


ものがたりはここまで[わーい(嬉しい顔)]




ここからは所感です


2017-06-17 18:10  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。